ガクトおすすめのメタルマッスルHMBの効果は?ビルドマッスルHMBと比較してみた

ガクトおすすめのメタルマッスルHMBの効果は?ビルドマッスルHMBと比較してみた

 

ガクトが実際に筋トレの前にのんでいると話題になっているHMBサプリ「メタルマッスルHMB」って効果があるのでしょうか?

 

HMBサプリで今一番人気のある販売数も多い「ビルドマッスルHMB」と比較してみました。

 

 

 

まずはパッケージ

 

 

 

パッケージの大きさはほとんど同じです。

 

「メタルマッスルHMB」の口コミで多い感想としてパッケージがメタルでかっこいいというものが多かったです。

 

たしかにビルドマッスルHMBと並べて比べてみると重厚感があってかっこいいですね。

 

 

 

HMBの含有量が

 

 ビルドマッスルHMB:1,500mg
 メタルマッスルHMB:1,600mg

 

と表面にすでに明記されています。1日に飲む量が100mg毎日違うということは意外と大きな違いかもしれません。

 

HMBの効果としてはメタルマッスルHMBの方がありそうですね。

 

 

 

続いて裏面

 

 

 

少し見づらくて申し訳ないですが、原材料の数にも差がありました。

 

 ビルドマッスルHMB:12種類
 メタルマッスルHMB:19種類

 

原材料数が多ければ多ければ効果があるとはいえませんが、メタルマッスルHMBにはクレアチンやコエンザイムQ10など他のサプリでも使われている有名な成分が含まれているのはポイントが高いのではないでしょうか?

 

 

 

また、名称も少し違いました。

 

 ビルドマッスルHMB:カルシウムHMB含有食品
 メタルマッスルHMB:HMBカルシウム加工食品

 

この2つ違いは何かな?と思って調べてみると、サプリは「食品」と明記する必要があるのでどちらも~食品になっていますが、この2つに関してはどちらも意味は同じなんだそうです。

 

 

 

 

ビルドマッスルHMBの口コミでも多い意見が粒が大きくて4粒をいっぺんにのむのは大変という声です。

 

そこでメタルマッスルHMBと粒の大きさを比較してみました。

 

 

 

直径で1mmの差があるとのことですが、こうやって比べてみると結構違いますね。

 

でも、実は1回にのむと良い量は

 

 ビルドマッスルHMB:4粒
 メタルマッスルHMB:6粒

 

とメタルマッスルの方が多いんです。なのでいっぺんにのむのはメタルマッスルの方がのみづらいかもしれません。

 

 

実際に1回にのむ量は

 

 ビルドマッスルHMB:500mg×4粒=2000mg
 メタルマッスルHMB:400mg×6粒=2400mg

 

でも、メタルマッスルはHMBが多く含まれていますし、他にも有効成分が多いので全体量として多くなるのは当然といえば当然ですね。

 

 

 

まとめ

のみにくいって口コミが多いビルドマッスルHMBよりもさらに粒は小さいですが量が多いメタルマッスルHMB。

 

しかし、HMBの量は今日本で発売されている筋肉サプリでは一番多い1600mgを1回でとることができます。

 

さらに筋トレの効果をあげるクレアチンが含まれているというのもポイントが高いと思います。

 

 

 

もし、錠剤をのむのが苦手という方は2回に分けてのめばいいですし、やはり買ってのむからには効果が高いのがいいですよね。